アレルギー科|永山内科クリニック|永山橋交差点|花粉症他、アレルギー

allergyアレルギー科

アレルギー科とは

アレルギー物質により目、鼻、耳、気管支などに現れるさまざまな症状に対し診断・治療を行う診療科目です。
当院では主に気管支喘息やアレルギー性鼻炎(花粉症を含む)の診療を行ってまいります。

*アレルギー

*アレルギー

体にはウイルスや細菌などの異物が入ってきた時に、これらを攻撃しようとする免疫反応が備わっています。
この免疫反応が、食べ物や花粉など体に害を与えないものまでを有害物質と認識して過剰に反応し、逆にマイナスの症状を引き起こしてしまうのがアレルギーです。

気管支喘息

気管支喘息は、空気の通り道である気道に炎症が起きる疾患で、「ゼーゼー」「ヒューヒュー」という症状(喘鳴)が特徴的です。
気管支喘息の患者さんの気道は過敏になっており、アレルゲン(ダニやハウスダストなど)やウイルス、タバコや冷気などによる刺激が加わると、気道は狭くなり、咳が出たり、息苦しくなったりします。

治療としては、抗原回避(アレルギーの原因を除く環境整備)と共に、気管支拡張薬やベースの炎症を抑える抗炎症療法などの喘息治療薬を適切に用いる必要があります。

アレルギー性鼻炎(花粉症)

アレルギー性鼻炎(花粉症を含む)は、ハウスダストや花粉等が鼻や目の粘膜に触れ刺激されて起こる鼻炎のことです。
主にスギ花粉などによって起こる「花粉症」がありますが、ハウスダストなどにより、1年を通じて症状が現れる「通年性アレルギー性鼻炎」があります。
症状として、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目の痒み、せき、痒み、発熱、体や顔のほてり、イライラ感、ぐったりするなど、体のいろいろな部位に多様な症状が起こります。
なお、花粉症のアレルゲンとしては、スギやヒノキ以外に、カモガヤ、ブタクサ、ヨモギほか、多くの種類があります。

その他のアレルギー疾患

アレルギー性皮膚炎、食物アレルギー、金属アレルギー等があります。気になる症状等ありましたらお気軽にご相談下さい。

PAGE TOP