予防接種|永山内科クリニック|永山橋交差点|インフルエンザ・肺炎球菌ワクチン

vaccination予防接種

当クリニックの予防接種

予防接種当クリニックでは、主にインフルエンザ・肺炎球菌・麻しん・風しんワクチンの接種を、それぞれ行っております。
これら以外の予防接種をご希望の方は、ご相談ください。

予防接種の目的

予防接種は、細菌やウイルスなどの病原体からつくったワクチン(抗原物質)を接種することによって免疫をつけ、特定の病気になりにくくし、また、たとえその病気になったとしても軽く済むように行われます。ほかに、感染症の流行を阻止する(集団免疫)という目的もあります。

ワクチンの効果

ワクチンは、感染症の原因となる各種の細菌やウイルスの病原性を弱めたり、また、それらを無毒化したりしてつくられます。
これを注入することによって、体内に抗体(病原体と結合し、それを体内から除去するように働くたんぱく分子)をつくらせ、当該感染症に罹りにくくし、また重症化を防ぎます。

当クリニックで行っている予防接種

  • インフルエンザワクチン
  • 肺炎球菌ワクチン
  • 麻しんワクチン
  • 風しんワクチン

※麻しん・風しんワクチンについては、現在対応しておりません。
 対応準備が整い次第、お知らせ欄にてアナウンスさせていただきます。

インフルエンザワクチン

インフルエンザの感染予防には、「咳エチケット」「手洗いの励行」「適度な湿度の保持」「十分な休養」「バランスのとれた栄養摂取」がポイントです。
もう一つ、インフルエンザを予防する有効な手段に、流行前のワクチン接種があります。

インフルエンザウイルスは毎年少しずつ性質を変え、異なるタイプが流行するので、それに対抗するために、予防接種も年ごとに行う必要があります。

インフルエンザワクチンは、接種してから効果が出るまでに約2週間程度かかり、その効果は約5ヶ月間持続します。
日本では、インフルエンザが例年12月~翌3月頃に流行することが多く、流行前に接種するのが望ましいでしょう。

肺炎球菌ワクチン

肺炎は、がん、心臓病に続いて、日本人の死亡原因の第3位を占めています。
高齢者や基礎疾患を持っている方などは肺炎に罹りやすく、しかも治りにくい傾向がありますので、特に注意を要します。

肺炎を予防するためにできることの一つに、肺炎球菌ワクチンの接種があります。

肺炎の原因菌で最も多いと見られるのは、肺炎球菌です(大人の肺炎の20~40%は、この菌が原因と言われます)。
肺炎球菌ワクチンは、肺炎球菌による肺炎などの感染症を予防し、重症化を防ぎます。

※再接種を希望される方は、5年以上の間隔を空けてください。

麻しんワクチン

最近、子どもだけでなく、成人(特に20代など若年層)にも麻しん(はしか)の流行が見られます。
皮膚や口腔粘膜の発疹、発熱などの症状が現れますが、時に脳炎、肺炎などを合併して重症化することがあり、生命に関わるケースさえあります。

過去に麻しんワクチンの接種を受けた人でも、その免疫が弱くなっている可能性があります。
ワクチンにより体内には人工的に免疫が作られますが、ワクチン接種後に自然の麻しんウイルスに晒されないと、効果が弱まってしまいます。
予防接種率が高まって麻しんが流行しにくくなっている反面、麻しんウイルスに接する機会が少ないために、乳幼児期の予防接種の効果は、大人になるにつれて薄れてしまいます。

大人の方で、これまで麻しんに罹ったことが無く、予防接種を受けていない方や1回しか接種していない方は、2回の予防接種をお勧めします。

風しんワクチン

風しんは風しんウイルスによって起こる全身疾患で、症状としては発熱と発疹、リンパ節の腫れなどが特徴的です。
成人が罹ると、高い熱が続き、関節の痛みも生じ、一般に子どもより症状が強く出ます。
なかでも問題になるのは、妊婦への感染です。
妊娠初期に母体が風しんに感染すると胎児にも感染が及び、生まれてきた赤ちゃんに、白内障、先天性心疾患、難聴、発達遅延などが現れる可能性があります(先天性風疹症候群)。
ワクチン接種が1回(現在は2回接種が基本)または接種不明、未接種の方、特に妊娠可能な女性とそのパートナーには、妊娠前の接種をお勧めします。

PAGE TOP